プロレス村日記131〜大仁田厚の挑戦編〜
ビバ、有明!

毎日暑いね!
むねまる博士です

昔、担当してた
馴染みの松本市で
最近地震がありまして
ビックリしました

あの辺山に囲まれ
地盤堅そうなのに…
やっぱりわからないね

そんなこんなで
今夜も行きますか

レッツ、
アンクルホールド!

★★★★★★★★★★

念願の長州との
電流爆発マッチを
実現させた大仁田は
(以前書いた通り)

レスラーとしては
勿論のこと

タレント議員
としてだったり

はたまた

大学受験に合格し
明治大学(二部)の
学生としてだったり

常に世間に
話題を振りまきながら
活躍します

レスラーとして
特筆すべきは自身の
縫い傷が1000針を超え
ギネスに申請し
また記念パーティーを
行ったり

ヒール(悪役)として
グレートニタ(仁田)
に紛し、
(一応グレートムタの兄弟という設定?)

テレビを巻き込み
悪役ぶりを見せ付けたり
意味不明の寄行劇を
繰り広げたり…

上手に自分を演出し
露出を欠かさないのね

ただ、現役引退を
売り物にしたのは
いけなかった

彼は全日本時代の
現役引退を含めると
5回ほど引退→復帰を
繰り返すのね

大仁田に限らず
プロレスラーの引退ほど
アテにならない
ものはなく

今まで引退後
復帰してないという
レスラーの方が
少ないんじゃないかな?

好きな選手が現役復帰したら勿論ファンなら嬉しいんだろうけど

反面、見方を変えたらファンを裏切る行為でもあるからね

人気選手であれば
あるほど
ファンも多く

引退試合を
一目みようと
高いチケット代を払い
選手の最後の花道に
涙を流したのに…

1年後、また復帰?
みたいな

大仁田の場合、
これをやり過ぎた

引退理由はやっぱり
過酷な試合による
体調不良なんだけど

芸能活動やら
議員活動やら
いろいろやりたかった
のだと思います

ただ、タレント
としてのピーク
も去り、議員も辞め
時間が出来た

そんなところに
ファンや周囲から
復帰を望む声

人気選手、
大仁田の復帰は
団体にとって経営的に
助かるから
是非復帰してほしい訳

ギャラも奮発するし
ファンもスポンサーも
望んでる

あとは自分の美学
の問題だな

大仁田の場合、
引き際が残念でしたが

はい
カテゴリ:プロレス村日記 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プロレス村日記130〜大仁田厚の挑戦編〜
ふぁ〜
朝から会議だぁ

しかし
なんで会議ばっか

あ、この話しは
会議でって
勿体つけたり

何て言うか
役職者のプライドを
誇示するような
神聖な場所だな
って感じる

そんな皮肉は
おいといて!

レッツ、
佐山の
ローリングソバット!

★★★★★★★★★

最終的には

大仁田の望み通り
長州対大仁田の
電流爆破マッチは
実現します

横浜アリーナ
だったかな…
超満員の客を集めて

困難におもえた
この一戦、
何故実現できたのか?

そのからくりを
簡単に話すと…

大仁田の商品価値が
上がって
長州の権力が
低下したからなの

では一体
何があったのか?

大仁田の知名度が
上がる一方

新日本内部の
パワーバランスが
崩れてゆくの

事実上隠居し
政治家として
活躍していた
新日本オーナー
アントニオ猪木が
スキャンダルに伴う
政界追放により
新日本の天皇の座に
再臨するのね

影のドンとして
団体経営について
いろいろ口出しする
「猪木の院政」
がスタートします

ドーム大会を成功させ
赤字経営だった
新日本を再建させた
優秀なビジネスマン
坂口征二から

猪木の忠実なる僕
優柔不断な男
ドラゴン藤波に
社長交代

それにより
長州も現場監督
(マッチメイカー)
のポジションを
事実上、奪われて
しまうのね

ちょうどグレイシーの
プロレスラー狩りで
軒並みレスラーが
討ち死にした時期で

不甲斐ないレスラーの
連敗に御大猪木が
新日本に喝を入れ

つまり格闘技路線に
傾倒し、
今までの長州体制を
批判するのね

長州はプロレスと
グレイシーは違うと
良くも悪くも
割り切っていたので
極力関わらなかったの

プロレスにプライドも
持っていたし
関わらない事で守ろうと
してたんだけど

その保守的な姿勢が
古巣に復帰した
猪木には我慢
ならなかったの

過去、
猪木が実践してきた
闘魂プロレスが
いつの間にか
プロレス村の殻に
閉じこもり、負け犬
みたいになって
しまったと危機感を
覚えたのね

自分が政治家として
プロレスから
離れていたからこそ
客観的に見えたのかも
知れないけどね

そんな訳で長州は
大仁田の挑戦を
受けます

しかし、長州の心は
次第に新日本から
離れてゆきます
カテゴリ:プロレス村日記 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プロレス村日記129〜大仁田厚の挑戦編〜
いやぁ暑いね〜!

おいら外回りだから
本格的な夏場が
来たらと思うと
ぞっとするよ

さてさて、
身体も温まったところで
行きますか〜!

レッツ、
フライングネック
ブリーカードロップ!

★★★★★★★★

その後の大仁田は

(大まかに言うと)

FMWをやめて
タレントとしての活動

途中、参議院やら
大学受験をして
大学生をやったり(笑)

多方面で活躍します


レスラーとしては
ビックマッチに
参戦したりする一方

夢である長州力戦を
実現させるため
新日本プロレスの
事務所に挑戦状を持って
直談判したりします

門前払いで
相手にしない長州

しびれをきかせた
大仁田は
マスコミ記者同伴で
とうとう敵地
新日本プロレスの
試合会場に単身で
乗り込みます

(この辺のくだりは
ヒーキン芸のオハコ!
似てるよ)

試合前、ジャージ姿の
長州に向かって

大仁田:
「長州さん!長州さん!わしと電流爆破マッチで勝負して下さい!」

(長州に歩み寄る大仁田
は関係者専用の柵を越えて中に入ろうとします)

長州:
(柵を指指しながら)
「またぐなぉ〜!
お前、またぐなよ!」


お前ごとき、邪道
インディーズの分際で、
メジャー新日本
という汚れなき
神聖な敷居をまたぐな、
という意味

天皇に
お目通り適わぬ
平民みたいな…

頭が高いと!

プロレス村にも
身分差別があったのか!

結局、その日は
長州の迫力に
押されて
退散…

一方、大仁田も
ファンの後押しを
もらう形で
なんとか実現させようと
画策します

そして
新日本の
冠スポンサーである
テレビ朝日も
次第に欲目が
出てきます

もし二人の対戦が
実現したら
ものすごい視聴率に
なるのでは…?と

大仁田の知名度は
もはや、うなぎ登り
の全国区!


しかし、しかし
長州や新日本にも
プライドがある

いくら売上が
取れようが
実績が好調なうちは
自分たちの
イメージダウン
に繋がるような事
には手を出さない

テレビ朝日側の説得に
耳を貸さない新日本

そんな駆け引きが
水面下で
あったと思われます

(…かなり想像膨らませた話しだけどね)
カテゴリ:プロレス村日記 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プロレス村日記128〜大仁田厚の挑戦編─
おやおや…

また雨だよ

風呂上がりあまりに
暑いから
トクホンエース
塗ったの

筋肉痛とかの塗り薬
スースーするかなって
期待して…

そしたら燃えるような
暑さで痛い痛い…

眠れやしない

とそんな訳で今夜も
お休み前に

レッツ、
エルボードロップ!

★★★★★★★★★★

バラエティーに
出演する大仁田

彼は上手にテレビを
利用して
自分を売り込みの

そもそも
気さくな
兄ちゃん的な
青春ドラマの
熱いキャラでいて

アホもできるし
空気も読める
なおかつ演技も上手い

芸能界向きなのね

人を説教したり
元ヤンキー教師
みたいな
カリスマ性もある

プロレスなんて
八百長でしょって
言われた時には

激怒することもなく
そういう意見も
よく分かりますと
共感した上で

(自分の傷を出演者に見せながら)
この傷、偽物ですか?
…とやり込める
説得力もある

バラエティーの
企画にも手を抜かない

特に身体を張った企画
にはプロレスラーの
矜持を見せつける

僕が大仁田を
見直したのは、
まさにそこ!

昔、ある番組で
トウガラシとか
ハバネロの
何倍もの辛さの
香辛料を
紹介してて

ゲストはほんの一口も
口の中に入れられない
ほどの辛さ

籠いっぱいに
入っていた
その香辛料を
大仁田は
なんと全部口に入れ
食べてしまったの

びっくりしたよ!!

どう考えても
辛さなんて
レスラーだから

身体が大きいとか
鍛えてるから

耐えられるって
部類のものじゃない
でしょ?

それを見て
感動したの僕

大仁田の根性は
半端じゃないと

ちなみに、
豊臣秀吉
っているじゃない?

農民から成り上がり
天下を統一した

極端な例だし
スケール大き過ぎ
だけど

人間臭さとか
カリスマ性とか
少し同じ
臭いを感じるのね

現代だと
田中角栄とか

これもスケール大きい
かな…

そうだ!

鈴木宗男だ

鈴木宗男と
大仁田厚は
同じ臭いを感じる

生き様が…

昔はそんな人
たくさん
いたんだろうけどね

話しを戻して

一躍全国区
お茶の間でも
人気者になった大仁田

彼の創設したFMW
からは
身勝手な言動に対し
クーデターが発生
追放されてしまいます

(猪木しかりタイガーマスクしかり…有名になると同じ道を辿るのね)

そして
参議院に立候補
プロレスの枠を
飛び出します

続く
カテゴリ:プロレス村日記 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プロレス村日記127〜大仁田厚の挑戦編А
おいっすぅ〜!

いやぁ暑かったね
今日は

痩せたかも
ちょっと(笑)

んな訳で
行きますか?

レッツ、
投げっぱなし
ジャーマン!

★★★★★★★★★★

前回、
大仁田の露出が
増えたって話しから
脱線して
レスラーとテレビの
関係について触れました

特にバラエティー
番組は注意ね

昔、新日本プロレスの
馳浩がバラエティーに
生出演した時、
タレントの山田邦子に
マジ切れした
事件があったり

要するにレスラーを
馬鹿にしたのね
プロレスなんて八百長
でしょ?
という偏見ね

馳は激怒して
実際のプロのリングや
過酷なトレーニングの
激しさ
レスラーの強靭さを

何も知らないド素人に
知ったような口ぶりで
「八百長」
って言葉で
簡単に片付けられ

自分自身のプライド
レスラー仲間の
プライドを傷つけられ
本気で腹がたったのね
馳は

前にも書いたけど
プロレスには
台本があり
敵と味方、
お互いに協力しながら
技をかけ技を受け
試合をスイングさせる

スポーツというよりエンターテイメントなので
いわゆる真剣勝負
(競技)ではない

確かにそうなんです

しかし一歩間違えば
死に直結するほど
危険だし
試合を通して自分の
生き様を表現し客を
沸かせるという意味では
紛れもなく
レスラーは真剣だし

そのために
過酷なトレーニングも
やっている訳ね

汗で池のような
水溜まりができるほど
スクワットや腕立て
の基礎練習

気が遠くなるほどの
受け身とタックルの
反復練習

何時間も続く
レスリングや
グランドでの関節の
取り合いと極め合い

ドンブリ飯を
何杯も平らげ
浴びるように酒を
飲みながら
プロとしてリングに
上がっているの

一度何かの番組で
女性レポーターが
ロープに向かって走り
反動を確かめよう
としたら
肋骨を骨折したとか
(ロープには鋼鉄のワイヤーが入っている)

橋本真也のキックを
測定したら
なんと1トンも
あった!とか

やっぱり素人には
真似出来ない芸当なのね

しかし馳に限らず
レスラーからみたら

プロとしての自負心
と同時に
内幕(台本)を明かせない
もどかしさもある訳

バラエティーは
一般視聴者の
一番の関心事である
そのグレーゾーンを
電波に乗せたい訳だから

プロレスにとっては
両刃の剣なのね

その辺、大仁田は
どう対処したのか?

また次回!
カテゴリ:プロレス村日記 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/26PAGES | >>